【幼稚園の選び方のコツ】ここを見れば失敗しないチェック項目とは

子どもの幼稚園選び、
どのようなことに気を付けて
選ぶべきなのでしょうか。

どこを見て選ぶのか
分からなくて
不安がいっぱい…


このような声をよく聞きます。
今回の記事では幼稚園の選び方のコツや
チェックするポイントについて
お伝えしていきます。

実際に私も
娘が入園する前に、
たくさんの
幼稚園の中から
絞り込んで選びました!

地域によってはたくさんある幼稚園の中から
選ぶことになります。
自身の希望に全て合うようなところが
見つかればそれが一番ですが、
そうもいかないのが幼稚園選びです。
後悔しないためにもこちらの記事を
参考にしていただけたらと思います。

目次

まず最初にすること

  • 通える幼稚園探し
  • HPと入園案内のチェック

通える幼稚園探し

歩きで通いたいのか、バスで通いたいのか。
バスならば運行している範囲を
把握しなければなりません。
私の場合は家の近くに幼稚園が
なかったためにバス通園できる
幼稚園にしたいと決めました。

HPと入園案内のチェック

そこで必ず確認していただきたいのが、
幼稚園のホームページです。
入園案内のページがありますので、
そこでバスの運行状況も確認できるかと思います。
またホームページには他に、
園の教育方針募集人数給食の有無
制服預かり保育についてなど
たくさん情報が載っています。
もし載っていない場合は電話で問い合わせましょう。

電話で問い合わせると
先生の対応がどうだったのか
見極めることができ、一石二鳥です

見学は必須

実際に足を運ぶと
意外な発見があるかもしれません。
先生から細かく質問もできますので、
気になる点は遠慮せずに聞いてみましょう
見学の際は次のような点を
チェックしてみてください。

チェック項目
  • 雰囲気
  • セキュリティ
  • 清潔感
  • 在園児の様子
  • 生徒の数に対しての先生の人数

雰囲気

先生の雰囲気はとても大事です。
見学の対応をしてくれた先生が良くても、
他の先生が挨拶すらしてくれない…
なんてこともあります。
先生同士が話している様子も
見ておくとよいでしょう。

セキュリティ

次にセキュリティです。
不審者が入ることができないように
門に鍵をかけているか、
カメラはあるか見ておきましょう。

清潔感

掃除が行き届いていない場合は、
先生1人1人の負担が大きくて
余裕がない表れかもしれません。

在園児の様子

子どもたちがいる時であれば、
楽しく過ごしているかどうか
様子をチェックしておくといいですね。

生徒の数に対しての先生の人数

生徒の人数に対して
先生が少ない場合もあります。
クラスで担当してくれる先生が
何人いるのかなど確認しておくと
よいでしょう。

もし都合が合わない等で見学出来ない場合は
外観だけでも確認してみましょう。

絞り込み方法

  • 表を書く
  • 譲れない点はなにか
  • どこか妥協できるか

表を書く

ひと通り調べたらその後は
表にして比較していきます。

こちらは例です

通園昼食延長保育先生セキュリティ
A幼稚園歩き毎日お弁当あり
B幼稚園歩き週3給食あり
C幼稚園バス週4給食あり
D幼稚園バス週3給食なし

このようにまとめておくだけで
かなり比較しやすくなります。

譲れない点はなにか

自分が一番譲れない点を決めます。
「仕事があるから延長保育が
充実してる方がいい」とか、
「可愛い制服を着せたい!」という方もいたり
家庭によって様々だと思います。

どこか妥協できるか

また妥協できる点も考えます。
「設備は多少古くてもいい」とか、
「給食の回数が少ないけど
頑張ってお弁当作ってみよう」とか
許せる範囲が出てくるかと思います。

私の場合
重要視した点幼稚園の雰囲気 距離 給食の数
妥協した点建物の古さ 制服
となりました。

そこから表と見比べながら
決めていくとスムーズですよ。
これで1つの幼稚園に絞り込むことが
できたんではないでしょうか。

終わりに

私はこのようにして
今通わせている幼稚園を決めましたが、
娘も楽しそうに通っているので
とても満足しております!

私立幼稚園は9月に入園説明会があり、
10月には願書を提出することが多いので、
早めに検討して見学を進めていくと良いですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる